HAIM (ハイム)さん家の三姉妹

冬のにおいがしてきました。

1035x748-20131106-haim-x1800-1383768776

カリフォルニア州LA出身の全然冬っぽくないバンドを紹介したいと思います。

このバンド、ライブが熱いんです。たまたま2013年のGrastonvery Fes のまとめ動画を観ていたときにひと際目立ってたバンド。ここ最近、エレクトロミュージックばかり聴いていた私のハートに電撃が走りました。バンドやっぱいいわぁ。

ハイム(HAIM)

elle-02-best-looks-haim-xln-extra_large_new

ハイムさん家の美人三姉妹です。貫禄の長女のエスティ•ハイム(B,Vo)、クールな次女のダニエラ•ハイム(Vo,Gt)、お茶目な三女のアラナ•ハイム(BaVo)とサポートメンバーにダッシュハットン(Dr)

作曲は三人でするようですが主に、次女のダニエラがガレージバンドの中に書き溜めていた曲を編曲して出すというスタイルが多いとインタビューで答えていました。

アメリカで、インディーズバンドがラジオ局で流されるってのは稀で、ほとんどメジャーなレーベル若しくはお金のあるアーティストばかり流れています。
しかしながら彼女達はイギリスのローカルラジオチャンネルで火が付き、本国のアメリカでは逆輸入的なノリで2012年のDays Agoでポリドールレコードとコロンビアレコードから華々しくデビューを飾ります。

Unknown

これって本当に稀っていうかアメリカンドリーム掴みましたねハイム。地元のLAの単独ライブとか一瞬で売り切れて4倍ぐらいの値段で取引されるぐらいの人気っぷりです。

サウンド的には往年のFleetwood Mac (サンタなのBlack Magic Women はこのバンドが作曲)再来と言われています。音源を聴くと確かにFleetwood Macチックですが、ライブになると完全なロックバンドですよ。

長女のエスティはかの名門UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で民族音楽、パーカッションについて学び学位を獲得しています。彼女の紡ぐグルーヴィーなベースがバンドのノリと空気を作り出しています。そして、持ち味は何と言っても顔!顔、顔、顔!!ライブ中の顔がめちゃくちゃ表現豊かで面白ろかっこいいです。すごいな本当に。ハッシュタグなんかもうBassfaceですよ。

二人のお姉ちゃんのインパクトにも負けずに三女アラナは若干不慣れな感じで演奏してるのがまた良いんですよ(最近は貫禄のある演奏をするようになりましたが)。キーボードにギター、打楽器、ボーカルと何でもこなすマルチプレイヤーで、インタビューにもガツガツ答えます。ライブ中も魅惑の腰不利ダンスで聴衆を湧かせます。

次女のダニエラの才能は特筆するに値します。声が渋いんだ。太くてセクシーで意思のあるドラマチックな唄を歌いますこの人は。言葉のまわし方とかが凄く独得で、ラップとまではいかないんですけど、かなりリズムかるで聴いていて気持ちいいです。ギターも赤いギブソンのSG 60’s リイシューモデルで男気溢れるロックなカッティングと高らかと歌い上げるギターソロです。音がザ ”SG” で SG好き強いては全く同じモデル使いとしては感無量です。
それと、彼女はかのストロークスのリードシンガージュリアンカサブランカのソロプロジェクトでサーポートを勤めていました。ギターやらキーボードやらパーカッションやら、何でも屋ですね。ジュリアンのツアーで日本にも来ていたそうです。友達がジュリアンの東京公演に行っていたのですが、当時から存在感のあるサポートだったようです。今はサポートはやっていないようです。

Coachella_2014_Outkast_Neko_Case_haim_02

ちなみにエスティとVallie Girls というバンドを10代の時にやっていました。当時は彼女達はスパイスガールズ熱心なファンで(特にエスティ)このバンドはスパイスガールズのフォロワー的なアイドル系バンドと言えばいいのでしょうか。当時からアグレッシブで面白い事やっていますね。

このモデルのような三人はファッションにも力が入っていて、今のLAガールを代表するような素敵な服装をいつもしています。個人的にはダニエルがライブで良く着ているライダースのベストがカッコ可愛くて好きです。三人はよく服を着回したりもするようです。インタビューでは次女のダニエルが一番オシャレだと後の二人が答えていました。仲良しですね。

三人のバンドの練習スタジオは実家です。アメリカは家がでかいし、音出せて本当に良いですよね。良いなぁあ!!
元々彼女達のお父様もお母さんもバンドをやっていたらしく。幼少期はハイム一家でバンド活動していたと言います。素敵ですね。
お母さんがギター、お父さんんがドラム、お父さんは元プロサッカー選手ですと!

この三人が演奏をしている姿を見るとなぜか熱くなってしまいます。あぁバンドだなぁ!!ただ意思と意思が膨らんでぶつかり合って、奏でる、魂の演奏。

そういうバンドがもっと世に出て、評価されていって欲しいと切に望んでます。

全然曲について書けなかった….

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s